株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 ソフトバンクG、協和エクシオ、インフォコムなど  3月24日07時15分

銘柄名<コード>23日終値⇒前日比
ブティックス<9272> 888 +35
発行済み株式数の9.9%に当たる上限25万株の自社株買い実施を発表。

マネックスG<8698> 175 +19
発行済み株式2.75%に相当の自己株式消却や株主優待でのBTC進呈を発表。

ソフトバンクG<9984> 3187 +500
自社株買いや負債削減のため最大4.5兆円の保有資産売却または資金化発表。

協和エクシオ<1951> 2296 +209
後場出来高伴い急伸。

住友電工<5802> 1044.0 +52.2
武漢工場の稼働再開と伝わり。

インフォコム<4348> 1952 +334
先週末にかけ下げ加速で自律反発へ。

大陽日酸<4091> 1391 +224
メリルリンチ日本証券では買い推奨を継続。

横河電機<6841> 1082 +150
株価1000円割れで目先の下げ達成感も。

ケネディクス<4321> 398 +78
先週末に急落の反動から自律反発。

ゼンリン<9474> 923 +150
先週末は下ヒゲつけて売り一巡感も。

アイル<3854> 1266 +162
ファンドのショートカバーなどが中心か。

東洋製罐グループホールディングス<5901> 1106 +117
先週末にかけて下げ幅広げ1000円割れへ。

三井E&Sホールディングス<7003> 457 +80
先週末の下げ大きくリバウンド。

北越コーポレーション<3865> 364 +42
安値圏で買い戻し優勢の展開か。

エイチ・アイ・エス<9603> 1387 +178
突っ込み警戒感から売り方の買い戻しも。

日本化薬<4272> 875 +87
先週末の下げきつかった銘柄にはリバウンド目立つ。

SOMPOホールディングス<8630> 22853 +326.5
損保大手には買い戻しが優勢へ。

TOKYO BASE<3415> 229 +28
先週末の一段安から買い戻し先行へ。

ハウス食品グループ本社<2810> 3245 +320
3000円割れ水準での押し目買いも意識。

ヤーマン<6630> 595 +47
自社株買い発表以降はリバウンド基調継続。

フィード・ワン<2060> 145 +18
値ごろ感も妙味に配当権利取りの動きも。

アドバンテスト<6857> 3750 +290
半導体製造装置関連は本日総じて底堅い動きに。

住友重機械工業<6302> 1807 +179
先週末にかけて下げ加速で買い戻し優勢。

日本製鋼所<5631> 1031 +77
1000円割れで突っ込み警戒感も。

USEN−NEXT HOLDINGS<9418> 1284 +134
1200円レベルでの底堅さなども意識。





<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »