株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

そーせいなどバイオ関連が軒並高、個人のマインド改善でマザーズ市場の戻りを象徴◇  3月24日13時11分

 そーせいグループ<4565.T>が一時10%を超える上昇をみせたほか、アンジェス<4563.T>、ヘリオス<4593.T>、サンバイオ<4592.T>などバイオ関連株が一斉高に買われている。市場では「日経平均がリスクオフの巻き戻しで急浮上するなか、新興市場も個人投資家の投げが一巡し戻りに転じている。特にマザーズ市場の戻りが顕著だが、市場では「バイオ関連株はマザーズ指数に与える影響が大きく、投資マインドの改善で短期値幅取りを狙った資金が再流入している」(国内ネット証券アナリスト)という声がでていた。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アンジェスがカイ気配スタート、新型コロナウイルスDNAワクチンが動物向け試験段階へ
<03月23日の25日・75日移動平均線デッドクロス銘柄>
カルタHDは大幅続伸、グループ会社がデジタルギフト「デジコ」の提供開始


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »