株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:東映アニメやクミアイ化に注目  3月26日09時00分

25日の米国市場ではNYダウが495.64ドル高の21200.55と大幅高だったが、ナスダック総合指数は33.56pt安の7384.30、シカゴ日経225先物は大阪日中比290円安の18950円と下落した。26日早朝の為替は1ドル=111円10-20銭(25日大引け時は111.21円付近)。
本日の東京市場では、前日の株価急騰や米SOX指数の軟化からソニー<6758>、東エレク
<8035>、アドバンテスト<6857>、キーエンス<6861>など電子部品を中心に利益確定売りが予想される。ただ、NTT<9432>など時価総額上位の内需銘柄については、公的年金のリバランスとみられる買いが継続しており、本日もしっかりとした値動きが期待できそうだ。また、昨日までの日経平均の急回復を受けて短期筋の資金が新興市場に向かいやすいとも考えられ、メルカリ<4385>、Aiming<3911>などへの物色が予想される。その他では、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測された東映アニメ<4816>、クミアイ化<4996>、日本電気硝子<5214>、ダイキン<6367>などに注目。

<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »