株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 FRONTEO、甜菜糖、グッドライフカンパニーなど  3月26日07時15分

銘柄名<コード>25日終値⇒前日比
FRONTEO<2158> 217 +30
武田<4502>と創薬支援AIシステムのライセンス契約締結。

トランスG<2342> 289 +24
子会社が新型コロナウイルス検査の受託開始。

日金属<5491> 670 +12
非開示だった今期営業は前期比81%減、配当は無配へ転落。

甜菜糖<2108> 1785 +100
三井製糖・大日本明治製糖の経営統合後の持株会社と資本業務提携へ協議開始。

三井製糖<2109> 2026 +83
大日本明治製糖との経営統合及び甜菜糖と資本業務提携に向け協議開始と。

グッドライフカンパニー<2970> 3055 +500
新たに不動産投資家向け収益物件・セミナー情報サービスの取得を発表。

ラクーンホールディングス<3031> 493+80
引き続き、ウイルス感染拡大の影響による海外流通額の拡大を材料視。

メディカル・データ・ビジョン<3902> 638+100
当面の売り一巡感からショートカバーが優勢か。

トランザクション<7818> 785+100
マスクの追加緊急輸入を発表。

UTグループ<2146> 1391 +300
1000円割れ水準までの株価急落の反動が続く。

日本電子<6951> 2584 +470
特に新規材料観測されないがショートカバー優勢か。

エアトリ<6191> 854 +150
引き続き優待利回り妙味などを手掛かりに。

Hamee<3134> 929 +150
自社株買いの実施を発表している。

共立メンテナンス<9616> 2563 +330
2000円割れ水準からは下げ達成感も強まりリバウンド続く。

牧野フライス製作所<6135> 3080 +375
25日は工作機械大手が各社上昇へ。

IHI<7013> 1523 +204
持分法適用会社と今治造船の新会社設立などが伝わる。

アウトソーシング<2427> 517 +80
売られ過ぎの成長株として見直し買いの動きにも。

KHネオケム<4189> 1567 +204
底値到達感からショートカバー優勢の流れに。

アシックス<7936> 1008 +150
東京五輪の1年延期が決定であく抜け感優勢に。

トッパン・フォームズ<7862> 914 +140
特に材料もなく底打ち感からのリバウンド。

IBJ<6071> 569 +80
約1カ月で株価は3分の1まで売られリバウンドも。

マキタ<6586> 3305 +385
ユーロ円相場の上昇なども安心感に。

ビジョン<9416> 760 +100
相対的も株価下落率が目立った銘柄としてリバウンド続く。

リクルートホールディングス<6098> 3107 +387
25日は下げのきつかった人材関連の上昇も目立ち。





<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »