株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は大幅反発、配当取りや再投資の買いで700円超高  3月27日15時57分

日経平均は大幅反発。26日の米国市場でNYダウは大幅に3日続伸し、1351ドル高となった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた2兆ドル規模の経済対策法案が上院で可決され、実現への期待が高まった。本日の日経平均も357円高からスタートすると、朝方には上げ幅を700円ほどに拡大。その後、円相場の上昇や週末を控えた新型コロナへの懸念から伸び悩む場面もあったが、3月末の権利付最終売買日とあって引けにかけて配当権利取りや配当再投資に絡んだ買いが入ったとみられ、この日の高値で取引を終えた。

大引けの日経平均は前日比724.83円高の19389.43円となった。東証1部の売買高は23億6833万株、売買代金は3兆9093億円だった。業種別では、精密機器、電気・ガス業、医薬品が上昇率上位で、その他も全般堅調。下落したのは石油・石炭製品のみだった。東証1部の値上がり銘柄は全体の92%、対して値下がり銘柄は7%となった。

個別では、トヨタ自<7203>やソニー<6758>が4%超上昇し、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>などその他売買代金上位も全般堅調。武田薬<4502>が6%近く上昇するなど高配当銘柄の一角が大きく買われ、東エレク<8035>などの半導体関連株も上げが目立った。業績下方修正を発表したJSR<4185>はあく抜け感から買い優勢で、NTT<9432>との資本業務提携を発表したゼンリン<9474>は急伸する場面があった。また、セグエ<3968>はストップ高水準で取引を終えた。一方、JXTG<5020>や出光興産<5019>といった石油元売り大手は逆行安。新作ゲームの配信開始で材料出尽くし感が広がったオルトプラス<3672>、業績あるいは配当の下方修正を発表したUTグループ<2146>や一蔵<6186>が東証1部下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »