株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=724円高と急反発、権利付き最終日で買い流入  3月27日15時40分

 27日の東京株式市場で日経平均株価は急反発した。前日のNYダウが急伸するなか、全体相場は堅調に推移し、日経平均株価は終値ベースで2日ぶりに1万9000円台を回復した。

 大引けの日経平均株価は前日比724円83銭高の1万9389円43銭。東証1部の売買高概算は23億6833万株。売買代金概算は3兆9093億7000万円となった。値上がり銘柄数は1995と全体の92%、値下がり銘柄数は148、変わらずは25銘柄だった。

 前日のNYダウは、米大型経済対策法案の成立への期待が高まり1351ドル高と大幅高となった。これを受け、東京株式市場は買いが優勢だった。1ドル=108円前半への円高が進行したことから、日経平均株価は一時1万9000円台を割り込む場面もあったが、きょうは3月期決算企業の権利付き最終売買日にあたり、配当再投資に絡む買いも流入した様子だ。日経平均株価は、大引けにかけ急伸し高値引けとなった。

 個別株では、ソフトバンクグループ<9984.T>が反発し、トヨタ自動車<7203.T>とソニー<6758.T>、任天堂<7974.T>が高い。村田製作所<6981.T>が値を上げ、東京エレクトロン<8035.T>やアドバンテスト<6857.T>など半導体関連株がしっかり。東京都で新型コロナウイルスの感染者数が急増していることが懸念視されるなか、重松製作所<7980.T>や興研<7963.T>、アゼアス<3161.T>といった新型コロナ関連株への物色が続いた。前日にLINE<3938.T>との資本業務提携を締結したと発表した出前館<2484.T>がストップ高に買われた。

 半面、JXTGホールディングス<5020.T>やセブン&アイ・ホールディングス<3382.T>が安く、リコー<7752.T>、楽天<4755.T>が値を下げた。東芝機械<6104.T>やゼンショーホールディングス<7550.T>、コロワイド<7616.T>が下落した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・27日>(大引け)=りらいあ、セグエG、トビラシステなど
JXTGが続落、原油価格急落で20年3月期は赤字転落を嫌気
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で上昇幅拡大


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »