株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

科研薬が20年3月期業績予想を一転増益予想へ上方修正  3月27日17時22分

 科研製薬<4521.T>がこの日の取引終了後、20年3月期の連結業績予想について、営業利益を223億円から260億円(前期比5.7%増)へ、純利益を161億円から186億円(同4.6%増)へ上方修正し、減益予想から一転して増益予想とした。

 関節機能改善剤アルツや高脂血症治療剤リビディルなど長期収載品の売り上げが計画に比べて減少していることから、売上高は929億円から890億円(同5.5%減)へ下方修正したが、研究開発費などが想定を下回る見通しであることが利益を押し上げるとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
27日中国・上海総合指数=終値2772.2033(+7.2924)
住友精化が20年3月期営業利益予想を上方修正
ニイタカの第3四半期営業利益は59%増


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »