株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反落、ソフトバンクGとファーストリテの2銘柄で約81円押し下げ  3月30日17時55分

30日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり53銘柄、値下がり168銘柄、変わらず4銘柄となった。

日経平均は反落。27日の米国市場でNYダウは4日ぶりに大幅反落し、915ドル安となった。また、新型コロナウイルスの感染拡大でトランプ大統領が米国民に求めている行動制限を4月30日まで延長すると発表し、株価指数先物は時間外取引で大幅下落。国内でも東京を中心に感染者数が急増しているとあって、週明けの日経平均は505円安からスタートすると、前場には一時18578.20円(前週末比811.23円安)まで下落。ただ、後場に入ると日銀の上場投資信託(ETF)買い入れ観測を支えに下げ渋った。

大引けの日経平均は前週末比304.46円安の19084.97円となった。なお、3月期末の配当落ち分はおよそ178円。東証1部の売買高は19億2444万株、売買代金は3兆1480億円だった。業種別では、空運業、銀行業、保険業が下落率上位だった。一方、電気・ガス業、食料品、医薬品が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の75%、対して値上がり銘柄は23%となった。

値下がり寄与トップはソフトバンクG<9984>、同2位はファーストリテ<9983>となり、2銘柄で日経平均を約81円押し下げた。ソフトバンクGは、同社の有力投資先の一つであり、衛星通信を手掛けている英ワンウェブが経営破綻したと伝わっており、これが嫌気された。また、日経平均構成銘柄の下落率トップはANA<9202>で9.97%安、同2位はIHI<7013>で7.91%安だった。ANAは、政府が新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、米国、中国、韓国全土からの入国を拒否する方針を固めたと報じられたことが重しに。

一方、値上がり寄与トップは中外薬<4519>、同2位は富士フイルム<4901>となり、2銘柄で日経平均を約40円押し上げた。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップも中外薬で6.94%高、同2位も富士フイルムで5.98%高だった。富士フイルムは、インフルエンザ治療薬「アビガン」に関して、「新型コロナウイルスの治療薬としての正式な承認を目指すことにしており、有効な治療薬の開発に向けて政府は研究を後押しする方針(治験プロセスを経たうえで)」と伝わったことが好感された。


*15:00現在

日経平均株価  19084.97(-304.46)

値上がり銘柄数  53(寄与度+108.14)
値下がり銘柄数 168(寄与度-412.60)
変わらず銘柄数  4

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<4519> 中外薬         12405     805 +29.00
<4901> 富士フイルム      5320     300 +10.81
<8028> ファミマ         1938      46 +6.63
<4578> 大塚HD          4295     180 +6.48
<4507> 塩野義          5426     150 +5.40
<2413> エムスリー       3035      60 +5.19
<2502> アサヒ          3661     132 +4.76
<9735> セコム          8914     131 +4.72
<4543> テルモ          3704      27 +3.89
<3382> 7&iHD           3647      83 +2.99
<2802> 味の素         2026.5     64.5 +2.32
<9064> ヤマトHD         1765      63 +2.27
<4568> 第一三共         7664      62 +2.23
<2871> ニチレイ         3070     122 +2.20
<2282> 日本ハム         3980     100 +1.80
<1928> 積水ハウス       1918      49 +1.77
<8267> イオン          2450      44 +1.59
<2914> JT           2053.5     35.5 +1.28
<7751> キヤノン         2441      19 +1.03
<5108> ブリヂストン      3409      25 +0.90

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     3693     -194 -41.93
<9983> ファーストリテ    43340    -1090 -39.27
<8035> 東エレク        20295    -1055 -38.00
<9433> KDDI           3211     -126 -27.23
<6367> ダイキン        13070     -725 -26.12
<6098> リクルートHD     2943.5   -118.5 -12.81
<6857> アドバンテ       4295     -145 -10.45
<6758> ソニー          6434     -254 -9.15
<6954> ファナック       14955     -245 -8.83
<7203> トヨタ          6797     -232 -8.36
<7951> ヤマハ          4315     -215 -7.74
<6971> 京セラ          6395     -104 -7.49
<7832> バンナムHD       5385     -207 -7.46
<8015> 豊通商          2587     -165 -5.94
<4452> 花王           8900     -160 -5.76
<2801> キッコーマン      4575     -160 -5.76
<6301> コマツ         1877.5   -140.5 -5.06
<8766> 東京海上         5093     -277 -4.99
<6988> 日東電          4865     -135 -4.86
<6305> 日立建          2230     -124 -4.47




<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »