株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

後場の日経平均は607円安でスタート、全33業種がマイナスで推移  3月30日13時04分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;18781.66;-607.77TOPIX;1409.51;-49.98

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前週末比607.77円安の18781.66円と前引け値(18762.70円)から下げ幅を若干縮めて取引を開始した。ランチバスケットは差し引き90億円の売り越しとの観測。また、ランチタイムの日経225先物は、一時18810円をつける場面もあったが、基本的にはもみ合い気味の推移。後場は日銀のETF買い入れへの思惑等が下支えとして意識されるものの、感染者が増加し東京都のロックダウンリスクが更に拡大しつつある格好となる中、後場も引き続き手掛けにくい相場展開が続いている。

 売買代金上位では、投資先企業のワンウェブが経営破綻と伝わっているソフトバンクG<9984>を筆頭に、トヨタ自<7203>、ソニー<6758>、東エレク<8035>、三井住友<8316>などが弱い値動き。一方、富士フイルム<4901>、神戸物産<3038>などが上昇。業種別では引き続き33業種がマイナスとなっており、銀行、空運、倉庫運輸、石油石炭などが下落率上位に。


<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »