株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

30日の株式相場見通し=売り優勢か、配当権利落ちの影響も注目  3月30日08時34分

 30日の東京株式市場は売り優勢の展開となりそうだ。27日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前営業日比915ドル安の2万1636ドルと4日ぶりに大幅反落。米国での新型コロナウイルス感染者数の増加が懸念要因となった。東京市場は、きょうが3月期末の配当権利落ちとなることも日経平均株価の軟化要因となる。新型コロナの感染者が、土日に急増したことも嫌気される可能性がある。再度の1万9000円割れも予想される。日程面では、東証マザーズにNexTone<7094.T>、名証セントレックスにニッソウ<1444.NG>が株式上場する。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
30日の主なマーケットイベント
米外為市場サマリー:米経済の悪化懸念で一時107円70銭台に軟化
27日の米株式市場の概況、ダウ平均株価は915ドル安と4日ぶりに反落


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »