株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ダイケンの20年2月期営業利益は上振れで着地  3月30日17時51分

 ダイケン<5900.T>がこの日の取引終了後、集計中の20年2月期単独業績について、営業利益が3億2000万円から4億200万円(前の期比59.5%増)へ、純利益が2億円から2億8200万円(同60.2%増)へ上振れて着地したようだと発表した。

 19年10月以降の消費税増税による反動減や慢性的な職人不足による工期遅延などの影響で、第4四半期にエクステリア関係の製品販売が伸び悩んだことで、売上高は110億円から106億9000万円(同1.0%減)へ下振れた。ただ、営業活動の効率化に加えて、輸送ルートや運送業者の見直しによる輸送費の削減に努めたこと、更に一部製品の値上げや比較的利益率の高い製品の販売に注力したことなどが利益を押し上げたとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
明日の株式相場戦略=期末のお化粧買いはあるか、中国PMIに注目
ニューテックの20年2月期営業利益は計画上振れ
30日香港・ハンセン指数=終値23175.11(-309.17)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »