株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は続落、米株高や中国景況感改善でも懸念拭えず(訂正)  3月31日18時04分

日経平均は続落。30日の米国市場でNYダウは反発し、690ドル高となった。本日の日経平均もこうした流れを引き継いで96円高からスタートすると、中国の3月購買担当者景気指数(PMI)が製造業、非製造業とも大幅上昇したことを好感し、前場に一時19336.19円(前日比251.22円高)まで上昇。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大やそれに伴う都市封鎖(ロックダウン)実施への警戒感は根強く、後場に入ると一転して18834.16円(同250.81円安)まで下落する場面があった。

大引けの日経平均は前日比167.96円安の18917.01円となった。昨年3月末比では2288.80円安。東証1部の売買高は18億6245万株、売買代金は3兆0802億円だった。業種別では、鉄鋼、銀行業、輸送用機器が下落率上位で、その他も全般軟調。上昇したのは鉱業と石油・石炭製品の2業種のみだった。東証1部の値下がり銘柄は全体の73%、対して値上がり銘柄は25%となった。

個別では、トヨタ自<7203>、リクルートHD<6098>、NTT<9432>、三菱UFJ<8306>や三井住友<8316>といったメガバンク株が4~5%の下落。ソニー<6758>は小安い。鉄鋼セクターでは日本製鉄<5401>とJFE<5411>が揃って8%の下落。今期業績予想を非開示としたしまむら<8227>も大きく売られた。また、オルトプラス<3672>などが東証1部下落率上位に顔を出した。一方、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、富士フイルム<4901>などが堅調。値がさ株の一角に買いが入り、日経平均を下支えした。中小型株ではテレワーク関連のブイキューブ<3681>などが賑わいを見せたものの、値動きの荒い銘柄も多かった。また、ヒトコムHD<4433>やネオジャパン<3921>はストップ高水準で本日の取引を終えた。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »