株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「テレワーク」関連が1位、新型コロナ対応でテーマ性高まる<注目テーマ>  3月31日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 テレワーク
2 マスク
3 コロナウイルス
4 巣ごもり
5 5G
6 遠隔医療
7 食品スーパー
8 医療機器
9 原油安メリット
10 石油

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「テレワーク」が1位となっている。

 新型コロナウイルスの感染拡大を背景に世界株市場の波乱が続いているが、個別株についてはテーマ買いの動きが活発だ。そのなか、感染防止を目的とした外出規制や都市封鎖の動きなどを背景にIT技術を活用した在宅勤務、いわゆるテレワークが推奨される環境にある。くしくも次世代通信規格「5G」の離陸期と重なっており、高速・大容量の通信インフラを基盤に今後ハイスペックなサービスを打ち出す企業が増えることが予想され、テレワーク普及を後押しすることになりそうだ。

 米国では総額約2兆ドルの財政出動に加え、FRBの大量の資金供給と経済支援策に全力をあげている。日本でも安倍政権は新型コロナ対策に本腰を入れており、自民党が30日に事業規模60兆円の経済対策実施を求める提言をまとめたことが伝わっている。そのなか、中長期の課題として新型コロナの影響で注目度が高まったテレワークや遠隔治療の環境整備に政策的フォローを行う構えだ。米国株市場でもテレワーク関連の思惑で株価を上昇させる銘柄が相次いでおり、東京市場もこれに追随する動きとなっている。

 先駆して物色人気化したブイキューブ<3681.T>を筆頭に、テラスカイ<3915.T>、インターネットイニシアティブ<3774.T>、リアルワールド<3691.T>、ソリトンシステムズ<3040.T>、セグエグループ<3968.T>、サイボウズ<4776.T>、エルテス<3967.T>など一連の銘柄が買われている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=反発、中国PMI好感も上値重い
ブイキューブがカイ気配スタートで7連騰、需給相場加速し3年10カ月ぶり高値圏走る
<03月30日の昨年来高値更新銘柄> 03月31日


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »