株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ライト工---反発、実態以上に株価は売られ過ぎとして国内証券では評価引き上げへ  4月01日14時21分

ライト工<1926>は反発。いちよし証券ではレーティングを「B」から「A」に格上げ、フェアバリューは1800円据え置きとしている。20年3月期業績の会社計画に対する弱含みは織り込み済みであり、新型コロナウイルスによる直接的な影響も限定的とみているもよう。また、ベトナム子会社の株価一段の調整も、のれん一括償却によって発生する特別損失に変化はないと指摘。採算性の低下一巡によって、21年3月期営業利益は増益転換とも予想している。

<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »