株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は大幅に3日続落、後場急落で一時1000円超安  4月01日15時59分

日経平均は大幅に3日続落。31日の米国市場でNYダウは反落し、410ドル安となった。新型コロナウイルスの感染拡大が続き、エコノミストが4-6月期国内総生産(GDP)について悲観的な見通しを相次ぎ示した。本日の日経平均も230円安からスタートしたが、日銀による上場投資信託(ETF)買い実施への期待から前場やや下げ渋る場面もあった。しかし、後場に入ると米株価指数先物の下落や東京のロックダウン(都市封鎖)への警戒感から急速に軟化し、引けにかけて一時17871.62円(前日比1045.39円安)まで下落した。

大引けの日経平均は前日比851.60円安の18065.41円となった。東証1部の売買高は16億6142万株、売買代金は2兆7205億円だった。業種別では、全33業種がマイナスとなり、空運業、サービス業、ガラス・土石製品、ゴム製品、証券が下落率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の95%、対して値上がり銘柄は5%となった。

個別では、日経平均への寄与が大きいファーストリテ<9983>が5%下落したほか、雇用悪化懸念が広がったリクルートHD<6098>は8%超の下落となった。その他売買代金上位もソフトバンクG<9984>、トヨタ自<7203>、ソニー<6758>など全般軟調。新型コロナウイルス治療に期待のかかる富士フイルム<4901>は4日ぶりに小幅反落した。一時帰休実施が伝わったANA<9202>や無配転落を発表した板硝子<5202>は急落。また、オルトプラス<3672>はストップ安水準で本日の取引を終えた。一方、売買代金上位では任天堂<7974>や三井不<8801>が逆行高。自社株買い実施を発表したラウンドワン<4680>は急伸した。また、テレワーク関連として注目されるブイキューブ<3681>が前日以上の賑わいを見せ、東証1部上昇率トップとなった。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »