株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

フロンテオが一時24%高、横浜銀行の「キビット コネクト」導入を好感◇  4月02日14時49分

 FRONTEO<2158.T>が急反発し、一時23.6%高の236円に買われた。2日前場に、同社が開発した自然言語処理AI(人工知能)エンジン「KIBIT(キビット)」をAPIとして提供する「KIBIT-Connect(キビット コネクト)」が、コンコルディア・フィナンシャルグループ<7186.T>傘下の横浜銀行に採用されたと発表しており、これを好感した買いが流入している。

 「キビット コネクト」を導入することで、横浜銀行が自社の営業応接記録システムにAIを活用した機能を付加し、システム上でデータの収受がスムーズに行われることで業務の更なる効率化を図ることができるという。

 また、同社が1日の取引終了後にAI活用の拠点となる2つのAIラボと実践的なノウハウを提供するAIラウンジを本社内に開設したことを発表しており、これも好材料視されている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
明日の株式相場戦略=テレワーク、医療ICT関連に光明
ソフトバンクGが反発、米ウィーワークのTOB取りやめ
<個人投資家の予想> 04月02日 14時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »