株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~トヨタなど全般しっかり、シカゴは大阪比220円高の18080円  4月03日08時06分

ADR(米国預託証券)の日本株はソフトバンクG<9984>、TDK<6762>が冴えない他は、トヨタ<7203>、ソニー<6758>、ファナック<6954>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、HOYA<7741>、富士フイルム<4901>、エーザイ<4523>、オムロン<6645>など、対東証比較(1ドル107.85円換算)で全般しっかり。シカゴ日経225先物清算値は大阪比220円高の18080円。

米国株式相場は反発。ダウ平均は469.93ドル高の21413.44ドル、ナスダックは126.73ポイント高の7487.31ポイントで取引を終了した。米労働省が発表した週次新規失業保険申請件数が、過去最高を記録した前週のほぼ2倍に跳ね上がり664.8万件に達したことから、売りが先行した。その後、トランプ大統領がツイートで、ロシアとサウジアラビアが減産する見込みだと伝えると、原油価格が30%超急騰。18年ぶりの安値からの回復で、エネルギー関連企業の収益悪化懸念が後退し、上昇に転じた。

2日のニューヨーク外為市場でドル・円は107円02銭まで下落後、108円09銭まで上昇して107円85銭で引けた。米国の週次新規失業保険申請件数は664.8万件と過去最多に達し、経済悪化への警戒感が広がり、ドル売り・円買いが優勢で始まった。その後、トランプ大統領がロシアとサウジアラビアの減産を示唆したことを背景にした原油価格の大幅反発で投資家心理が改善したため、ドル買い・円売りが強まった。ユーロ・ドルは、1.0915ドルから1.0821ドルまで下落して1.0865ドルで引けた。域内の景気悪化を織り込むユーロ売りが継続。

NY原油先物5月限は大幅反発(NYMEX原油5月限終値:25.32 ↑5.01)。


■ADR上昇率上位銘柄(2日)
<4901> 富士フイルム 53ドル 5716円 (291円) +5.36%
<8411> みずほFG 2.24ドル 121円 (4円) +3.42%
<8604> 野村HD 3.91ドル 422円 (11.2円) +2.73%
<1812> 鹿島 9.91ドル 1069円 (22円) +2.1%
<8309> 三井トラスト 2.9ドル 3128円 (61円) +1.99%


■ADR下落率上位銘柄(2日)
<7752> リコー 6.21ドル 670円 (-40円) -5.63%
<6471> 日精工 10.84ドル 585円 (-29円) -4.72%
<9202> ANA 4.01ドル 2163円 (-88円) -3.91%
<6361> 荏原 8.79ドル 1896円 (-61円) -3.12%
<8591> オリックス 53.93ドル 1163円 (-27.5円) -2.31%


■その他ADR銘柄(2日)
<1801> 大成建 7.18ドル 3100円 (-50円)
<1925> 大和ハウス 22.69ドル 2447円 (13.5円)
<1928> 積水ハウス 15.96ドル 1721円 (11.5円)
<2503> キリン 19.31ドル 2083円 (28円)
<2802> 味の素 17.17ドル 1852円 (-3.5円)
<3402> 東レ 8.15ドル 439円 (-2.3円)
<3407> 旭化成 13.19ドル 711円 (-0.7円)
<3938> LINE 48.05ドル 5182円 (2円)
<4523> エーザイ 66.01ドル 7119円 (71円)
<4901> 富士フイルム 53ドル 5716円 (291円)
<4911> 資生堂 56.88ドル 6134円 (63円)
<5108> ブリヂストン 14.46ドル 3120円 (3円)
<5802> 住友電 9.41ドル 1015円 (-8.5円)
<6301> コマツ 15.69ドル 1692円 (19円)
<6503> 三菱電 23.25ドル 1254円 (14円)
<6586> マキタ 29ドル 3127円 (17円)
<6645> オムロン 50.51ドル 5448円 (88円)
<6702> 富士通 17.62ドル 9502円 (-58円)
<6758> ソニー 58.91ドル 6353円 (31円)
<6762> TDK 71.63ドル 7725円 (-55円)
<6902> デンソー 15.42ドル 3326円 (46円)
<6954> ファナック 12.94ドル 13956円 (26円)
<6988> 日東電 20.9ドル 4508円 (-2円)
<7201> 日産自 6.1ドル 329円 (5.6円)
<7203> トヨタ 117.82ドル 6353円 (66円)
<7267> ホンダ 20.88ドル 2252円 (29.5円)
<7270> SUBARU 8.72ドル 1881円 (12.5円)
<7733> オリンパス 13.76ドル 1484円 (24円)
<7741> HOYA 84.53ドル 9117円 (46円)
<7751> キヤノン 20.29ドル 2188円 (28円)
<7974> 任天堂 48.5ドル 41846円 (516円)
<8001> 伊藤忠 38.8ドル 2092円 (22.5円)
<8002> 丸紅 46.7ドル 504円 (5.7円)
<8031> 三井物 269.52ドル 1453円 (21.5円)
<8053> 住友商 10.68ドル 1152円 (-9円)
<8058> 三菱商 40.1ドル 2162円 (28.5円)
<8267> イオン 20.08ドル 2166円 (4.5円)
<8306> 三菱UFJ 3.6ドル 388円 (-3.5円)
<8309> 三井トラスト 2.9ドル 3128円 (61円)
<8316> 三井住友 4.73ドル 2551円 (-7.5円)
<8411> みずほFG 2.24ドル 121円 (4円)
<8591> オリックス 53.93ドル 1163円 (-27.5円)
<8604> 野村HD 3.91ドル 422円 (11.2円)
<8766> 東京海上HD 45.35ドル 4891円 (61円)
<8802> 菱地所 14.4ドル 1553円 (11円)
<9202> ANA 4.01ドル 2163円 (-88円)
<9432> NTT 22.95ドル 2475円 (17.5円)
<9735> セコム 19.39ドル 8365円 (18円)
<9983> ファーストリテイ 38ドル 40983円 (43円)
<9984> ソフトバンクG 17.41ドル 3755円 (-13円)




<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »