株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:神戸物産や東芝に注目  4月06日09時01分

先週末3日の米国市場ではNYダウが360.91ドル安の21052.53、ナスダック総合指数が114.23pt安の7373.08と大幅下落したが、シカゴ日経225先物は大阪日中比5円安の17675円と小幅安で留まった。週明け6日早朝の為替は1ドル=108円40-50銭(先週末大引け時は107.92円付近)。本日の東京市場では、朝方に先週の米国株安を織り込んで下げた後、村田製<6981>、アンリツ<6754>、東エレク<8035>など新型コロナの影響が相対的に軽微と思われる5G関連の大型銘柄に下げ渋りが予想される。また、先週末に利益確定売りに押されたメドレー<4480>など遠隔診療関連株には買い直しの展開が想定されよう。一方、日本政策投資銀行の融資制度を利用して3000億円の資金調達をする方針が判明したANA<9202>の動向には注視したいところだ。その他では、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測された神戸物産<3038>、東芝<6502>、ノーリツ鋼機<7744>などに注目。

<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »