株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~ソフトバンクGなど全般軟調、シカゴは大阪比5円安の17675円  4月06日08時03分

ADR(米国預託証券)の日本株はトヨタ<7203>、ホンダ<7267>が小じっかりな他は、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、三菱商<8058>、三井物産<8031>、ファナック<6954>、任天堂<7974>など対東証比較(1ドル108.55円換算)で全般軟調。シカゴ日経225先物清算値は大阪比5円安の17675円。

米国株式相場は下落。ダウ平均は360.91ドル安の21052.53ドル、ナスダックは114.23ポイント安の7373.08ポイントで取引を終了した。米労働省が発表した3月雇用統計は非農業部門雇用者数が70.1万人減となった。減少は2010年9月以来で、失業率も4.4%と予想以上の上昇となったことが嫌気され、売りが先行した。景気の落ち込みが当初考えられていた以上に長期化するとのエコノミストの見通しや、ニューヨーク州での新型ウイルス感染、死者拡大が伝えられると、引けにかけて下落幅を拡大する展開となった。

3日のニューヨーク外為市場でドル・円は108円68銭まで上昇したのち、108円19銭まで下落して108円47銭で引けた。
米3月雇用統計で非農業部門雇用者数が70.1万人減と減少幅が予想を大幅に上回り09年来で最大となったほか、失業率も予想以上に上昇したため景気先行き見通しが悪化しドル売り優勢となった。米連邦準備制度理事会(FRB)が米国債購入ペースを緩和させたことが明らかになると米国債利回りが上昇しドル売りが一段落した。ユーロ・ドルは、1.0773ドルまで下落後、1.0828ドルまで上昇して1.0804ドルで引けた。ユーロ圏のサービス業PMIが過去最低に落ち込んだことを嫌気しユーロ売りに拍車がかかった。

3日のNY原油先物5月限は大幅続伸(NYMEX原油5月限終値:28.34 ↑3.02)。


■ADR上昇率上位銘柄(3日)
<5233> 太平洋セメ 4.34ドル 1884円 (73円) +4.03%
<1812> 鹿島 9.56ドル 1038円 (24円) +2.37%
<8002> 丸紅 46.77ドル 508円 (9円) +1.8%
<8309> 三井トラスト 2.85ドル 3094円 (46円) +1.51%
<3401> 帝人 15.61ドル 1694円 (22円) +1.32%


■ADR下落率上位銘柄(3日)
<7752> リコー 6.14ドル 666円 (-27円) -3.9%
<6723> ルネサス 1.53ドル 332円 (-11円) -3.21%
<7202> いすゞ 5.77ドル 626円 (-17円) -2.64%
<9202> ANA 3.95ドル 2144円 (-53.5円) -2.43%
<6770> アルプス 16.24ドル 881円 (-20円) -2.22%


■その他ADR銘柄(3日)
<1925> 大和ハウス 21.59ドル 2344円 (-36.5円)
<1928> 積水ハウス 15.18ドル 1648円 (-24.5円)
<2503> キリン 19.08ドル 2071円 (-10円)
<3402> 東レ 7.86ドル 427円 (-6.5円)
<3407> 旭化成 13.14ドル 713円 (-6.7円)
<3938> LINE 47.63ドル 5170円 (10円)
<4523> エーザイ 65.19ドル 7077円 (-93円)
<4704> トレンド 44.48ドル 4828円 (-7円)
<4901> 富士フイルム 53.03ドル 5756円 (-8円)
<4911> 資生堂 56.86ドル 6172円 (-30円)
<5108> ブリヂストン 14.09ドル 3059円 (-35円)
<5802> 住友電 9.46ドル 1027円 (13円)
<6301> コマツ 15.65ドル 1699円 (-27円)
<6479> ミネベア 25.87ドル 1404円 (-23円)
<6503> 三菱電 22.9ドル 1243円 (-10円)
<6586> マキタ 28.58ドル 3102円 (-23円)
<6645> オムロン 48.78ドル 5295円 (-95円)
<6702> 富士通 17ドル 9227円 (-75円)
<6758> ソニー 57.48ドル 6239円 (-21円)
<6762> TDK 68.89ドル 7478円 (-82円)
<6902> デンソー 14.92ドル 3239円 (-14円)
<6954> ファナック 12.62ドル 13699円 (-221円)
<6988> 日東電 21.1ドル 4581円 (-54円)
<7201> 日産自 5.78ドル 314円 (-1.5円)
<7203> トヨタ 115ドル 6242円 (47円)
<7267> ホンダ 19.86ドル 2156円 (20.5円)
<7270> SUBARU 7.81ドル 1696円 (-19円)
<7733> オリンパス 13.07ドル 1418円 (-6円)
<7741> HOYA 85.31ドル 9260円 (-18円)
<7751> キヤノン 19.95ドル 2166円 (-21円)
<7912> 大日印 9.76ドル 2119円 (-26円)
<7974> 任天堂 48.04ドル 41718円 (-162円)
<8001> 伊藤忠 37.96ドル 2060円 (-11.5円)
<8002> 丸紅 46.77ドル 508円 (9円)
<8031> 三井物 262.18ドル 1423円 (-13.5円)
<8053> 住友商 10.4ドル 1129円 (-14.5円)
<8058> 三菱商 38.92ドル 2112円 (-27円)
<8306> 三菱UFJ 3.49ドル 379円 (-7.8円)
<8309> 三井トラスト 2.85ドル 3094円 (46円)
<8316> 三井住友 4.63ドル 2513円 (-37円)
<8411> みずほFG 2.16ドル 117円 (-0.1円)
<8591> オリックス 53.88ドル 1170円 (-18円)
<8604> 野村HD 3.79ドル 411円 (0.9円)
<8766> 東京海上HD 45.08ドル 4893円 (-13円)
<8802> 菱地所 14.34ドル 1557円 (-14円)
<9202> ANA 3.95ドル 2144円 (-53.5円)
<9432> NTT 22.83ドル 2478円 (-25円)
<9735> セコム 19.65ドル 8532円 (-158円)
<9983> ファーストリテイ 38.27ドル 41542円 (-28円)
<9984> ソフトバンクG 17.1ドル 3712円 (-20円)




<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »