株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

エムアップホールディングス---持株会社体制への移行完了及びエムアップホールディングスへの商号変更を発表  4月06日09時00分

エムアップホールディングス<3661>は1日、同日付をもって持株会社体制への移行が完了し、商号をエムアップホールディングスと変更したことを発表。

2019年6月27日の定時株主総会にて決議された吸収分割契約に基づき、同社の100%子会社であるEMTGをFanplusへと商号変更し、同社のファンクラブ事業を承継した。また、電子チケット事業を行うエンターテイメント・ミュージック・チケットガードをTixplusへと商号変更、エムアップ分割準備会社についてはCreative Plusへと商号変更を行った。

今回の持株会社体制への移行によって、経営資源の最適分配を行うと同時に、役割や業務内容の明確化を図り、それぞれの責任と権限において迅速な意思決定を行うことによって、さらなる事業拡大や経営人材の育成等を進め、持続的に企業価値の向上を図っていくことができる体制を構築していくとしている。




<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »