株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

EPS、アンジェスなどが手掛ける新型コロナ向けDNAワクチン共同開発に参画  4月07日16時07分

 EPSホールディングス<4282.T>がこの日の取引終了後、アンジェス<4563.T>と大阪大学が進めている新型コロナウイルス向けDNAワクチンの共同開発に、医薬品開発支援機関として参画すると発表した。

 今回、EPSが参画する共同開発は、アンジェスと大阪大学が有するプラスミドDNA製品の開発実績を生かし、コロナウイルスの予防用DNAワクチンを開発するというもの。EPSは、非臨床試験後の人への投与を行う臨床試験について運営と管理を行い、臨床開発をスムーズに実施するための支援を行うとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
SMNの20年3月期業績は計画上振れで着地
インテリクスの第3四半期営業利益は69%増
午後:債券サマリー 先物は小反発、長期金利0.005%に上昇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »