株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アサヒ衛の第1四半期決算は営業損益が黒字転換  4月07日17時23分

 アサヒ衛陶<5341.T>がこの日の取引終了後、第1四半期(19年12月~20年2月)連結決算を発表しており、売上高5億5400万円(前年同期比13.7%減)、営業利益1300万円(前年同期4200万円の赤字)、最終利益700万円(同4800万円の赤字)となった。

 国内における不採算事業の縮小や製品・顧客の絞り込みの影響に加えて、海外事業で一部建築工事に遅れが生じたことなどを受けて売上高は減少した。ただ、国内で事業体制のスリム化を進めたことによる製造経費の削減や人件費などの経費削減効果が大きく、利益を押し上げた。

 なお、20年11月期通期業績予想は、売上高24億円(前期比1.1%減)、営業利益7000万円(前期2億8100万円の赤字)、最終利益4500万円(同3億7100万円の赤字)を見込んでいる。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
買取王国の20年2月期業績は営業利益が計画上振れで着地
東エレクなど半導体関連株が高い、米SOX指数が上昇◇
<個人投資家の予想> 04月07日 16時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »