株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アンジェス---新型コロナウイルス向けDNAワクチン共同開発に医薬品開発支援機関としてEPSグループが参画   4月08日15時54分

アンジェス<4563>は7日、新型コロナウイルス向けDNAワクチンの大阪大学との共同開発において、医薬品開発支援機関としてEPSホールディングス<4282>が参画することを発表した。

EPSホールディングスの参画により、迅速な臨床試験の推進が期待されるという。同社は、非臨床試験後速やかに臨床試験への移行を目指していくとしている。

EPSホールディングスは、1991年に医薬品開発受託機関のパイオニアとして創業以来、開発やビッグデータ&AI、再生医療などに取り組んでいるヘルスケア・ソリューション・プロバイダー。




<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »