株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

外為サマリー:108円80銭台中心に一進一退、手掛かり材料難の状態に  4月09日15時39分

 9日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後3時時点で1ドル=108円87銭前後と前日午後5時時点に比べ4銭程度のドル高・円安。ユーロは1ユーロ=118円19銭前後と同横ばいで推移している。

 ドル円は午後にかけて、108円80銭台を中心に狭いレンジでの一進一退。日経平均株価は、小幅安での横ばいが続いたほか、時間外のNYダウ先物も小幅安で推移と手掛かり材料に欠ける展開となった。市場では、今晩のNYダウの値動きなどが注目されている。

 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.0855ドル前後と同0.0005ドル程度のユーロ安・ドル高で推移している。




出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
欧米(9日)の注目経済指標=ミシガン大学消費者信頼感指数など
<個人投資家の予想> 04月09日 15時
明日の主なマーケットイベント


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »