株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

午後:債券サマリー 先物は小反発、5年債入札結果は順調  4月09日15時56分

 9日の債券市場で、先物中心限月6月限は小反発。この日に実施された5年債入札は順調な結果となったが、追随買いは広がらず上値は重かった。

 債券先物は売り先行でスタート。米国の新型コロナウイルスの感染拡大が近くピークアウトするとの見方などから、8日の米長期債相場が続落した流れを引き継いだ。ただ、日経平均株価が朝高後に軟化したことが下支えとなり、債券先物は売り一巡後に下げ渋る展開。午後に明らかとなった5年債入札の結果で、需給の引き締まりが示されるとプラス圏に浮上した。とはいえ、在宅勤務の影響などで積極的な売買を手控える市場参加者が多く、買いの勢いは一時的だった。

 先物6月限の終値は前日比1銭高の152円17銭となった。現物債市場で10年債の利回りは、前日比0.005%低下の0.005%だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
川重が反発、国内初の二元燃料エンジン発電設備を沖縄電から受注◇
東京株式(大引け)=7円安、利益確定売りに反落も終盤下げ幅縮小
外為サマリー:108円80銭台中心に一進一退、手掛かり材料難の状態に


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »