株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

明日の為替相場見通し=「OPECプラス」の結果に注目  4月09日18時13分

 今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、米サウジアラビアなど石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟国で構成する「OPECプラス」会議の結果に左右されそうだ。予想レンジは1ドル=108円50~109円50銭。

 OPECプラスへの市場の注目度は高まっている。協調減産が行われるのではとの期待から足もとの原油価格は上昇基調にある。ただ、一部には米国の参加を求める声もあり、協調減産が実施されるか、どうかは不透明要因も少なくない。このため、明日の為替相場はOPECプラスの結果に左右されそうだ。また、今晩は米新規失業保険申請件数や米4月ミシガン大学消費者信頼感指数などが発表となる。



出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
寿スピリッツ、第4四半期売上高は14.8%減
日銀為替市況 午後5時時点、108円93~94銭のドル高・円安
日銀為替市況(ドル円・午後5時)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »