株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は5日ぶり小反落、利益確定売りが先行、値上がり率トップは松屋R&D  4月10日16時37分

 本日のマザーズ指数は、週末ということもあって利益確定売りが先行し、小幅ながら5日ぶりに反落した。前日の米国市場では、米連邦準備理事会(FRB)が低格付け債の購入を含めた大規模な金融支援策を決定し、主要株価指数は上昇した。しかし、国内では、東京や大阪を中心に新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかかっておらず、先行き警戒感が拭えていない。こうした背景に加え、マザーズ指数は前日までの間に4日続伸と大きく上昇していたため、本日は、利益確定売りが先行した。ただ、押し目買いも入り、大引けにかけては下げ幅を縮小していった。なお、売買代金は概算で859.72億円。騰落数は、値上がり148銘柄、値下がり169銘柄、変わらず7銘柄となった。
 個別では、直近IPO銘柄である松屋R&D<7317>が300円高のストップ高と大幅に4日続伸した。材料のあったところでは、20年3月期の営業損益を赤字だった従来予想から一転して黒字見通しへと上方修正したVEGA<3542>が17%超とストップ高まで買い進まれた。この他では、ピアズ<7066>、メディア工房<3815>、バーチャレク<6193>、NexTone
<7094>、ステムリム<4599>、インフォネット<4444>などが値上がり率上位に並んだ。
一方、今期営業利益が前期比73.2%減の5000万円と減益見通しになったエルテス<3967>が15%超安となったほかでは、MacbeeP<7095>、ミクリード<7687>、ベルトラ<7048>、エードット<7063>、JIA<7172>、TKP<3479>などが値下がり率上位に並んだ。


<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »