株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

三菱ケミHDは3日続落、国内有力調査機関は「ニュートラル」へ引き下げ  4月10日13時26分

 三菱ケミカルホールディングス<4188.T>は3日続落。東海東京調査センターは9日、同社株のレーティングを「アウトパフォーム」から「ニュートラル」へ引き下げた。目標株価は530円とした。同社は、機能商品、素材、ヘルスケア、産業ガスの4つを基幹ビジネスとする日本最大の総合化学企業。中国経済の減速に加え、新型コロナウイルスの影響などによる事業環境の悪化を背景に20年3月期の業績は大幅な計画未達を予想。具体的には、前3月期のコア営業利益は会社予想の2100億円に対して1846億円(前の期比41%減)を予想。21年3月期の同利益は1335億円と連続減益を見込んでいる。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」5位にショクブン
ほぼ日が大幅反落、20年8月期業績予想を下方修正
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »