株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は反発、直近IPO銘柄の強さが目立つ  4月13日16時45分

 本日のマザーズ指数は反発となった。10日の米国市場がグッドフライデー(聖金曜日)の祝日のため休場かつ週明けは欧州市場が休場となるため、海外勢のフローが限られると見られるなか、本日の主力市場は売りが先行。一方、マザーズ指数は買いが先行して始まると、日経平均が冴えないなか、上げ幅を拡大し一時682.10ptをつけた。その後、後場に日経平均が一段安となると、これに引きずられる格好から新興市場でも利益確定売りが広がり、マザーズ指数も上げ幅を急速に縮めたが、大引けにかけては再び持ち直す展開に。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で944.79億円。騰落数は、値上がり154銘柄、値下がり161銘柄、変わらず9銘柄となった。
 個別では、メドレー<4480>がマザーズ売買代金トップにランクイン。アンジェス<4563>、サンバイオ<4592>、ステムリム<4599>、そーせい<4565>などバイオ株の一角にも物色が散見。また、サイバーセキュリティクラウド<4493>、関通<9326>、NexTone<7094>、アディッシュ<7093>など直近IPO銘柄の一角も先週に続き強さを見せた。メドレックス<4586>は「マイクロニードル」関連として改めて短期資金の関心が向かったようだ。上方修正を発表し先週末に買われたベガコーポレーション<3542>の他、20年3月期の通期予想を上方修正したエーアイ<4388>など好業績銘柄にも注目が集まった。一方、GNI<2160>、UUUM<3990>、Sansan<4443>、TKP<3479>、Aiming<3911>などが売られた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »