株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 イオン、トビラシステムズ、松屋アールアンドディなど  4月14日07時32分

銘柄名<コード>13日終値⇒前日比
じげん<3679> 284 -20
信用買い残が高水準で戻り売り。

カシオ計算機<6952> 1620 -115
ショートカバー一服で戻り売りが優勢に。

パンパシHD<7532> 1887 -114
3月の月次動向をマイナス視。

島津製作所<7701> 2884 -21
検査時間短縮できる新型ウイルス検査キットへの期待続く。

安川電機<6506> 3055 +5
前期実績値や第1四半期見通しは市場想定を上振れ。

イオン<8267> 2176 +62.5
決算インパクト乏しいなかで買い戻しが優勢に。

木村工機<6231> 2956 +500
業績上方修正で一転増益見通しに。

キーウェアソリューションズ<3799> 672 +100
院内感染防止関連として短期資金の物色活発化。

パシフィックネット<3021> 1395 +147
テレワーク関連としてリバウンドが続く形に。

鉄人化計画<2404> 251 -47
上半期決算を控えて警戒感も再燃か。

アクリート<4395> 1033 +63
個人投資家の関心向かう。

エーアイ<4388> 1486 +224
20年3月期の通期予想を上方修正、
営業利益は従来の2.20億円から2.73億円に引き上げ。

トビラシステムズ<4441> 1808 +228
27日付で東証1部に市場変更へ。

文教堂グループホールディングス<9978> 160 +50
20年8月期の上期予想を上方修正、
営業損益は0.29億円の赤字から2.17億円の黒字に。

SERIOホールディングス<6567> 656 +31
20年5月期の第3四半期決算を発表、営業利益は前年同期比68.3%増の0.69億円。

ブロッコリー<2706> 1354 +78
21年2月期見通しを好感、通期営業利益見通しは前期比32.2%増の9億円。

メディア工房<3815> 290 -54
20年8月期の通期見通しを未定に変更し、不透明感強まる。

ANAP<3189> 235 -7
20年8月期の通期予想を下方修正、
営業損益は1.59億円の黒字から3.54億円の赤字に。

松屋アールアンドディ<7317> 1640 +300
同社など直近IPOの一角は強い値動きが前週から継続。

メドレックス<4586> 280 +80
「マイクロニードル」関連として改めて関心向かう。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »