株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前場に注目すべき3つのポイント~ギャップスタートから直近戻り高値突破を試す  4月17日08時45分

17日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:ギャップスタートから直近戻り高値突破を試す
■前場の注目材料:西鉄、20/3下方修正 営業利益160億円←170億円
■ルネサス、人工呼吸器の参照設計作成、異業種参入支援


■ギャップスタートから直近戻り高値突破を試す

17日の日本株市場は、やや強含みの展開が想定される。16日の米国市場では、NYダウは33ドル高と小幅に反発。週次新規失業保険申請件数の増加が続き、経済封鎖以降の4週間で2200万件に達したほか、ニューヨークに続いて最新4月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数が過去最大の落ち込みを見せ、景気先行きへの懸念が株価の上値を抑えた。

ただし、引けにかけて、トランプ政権による経済活動再開の指針発表を期待した買いが強まり上昇する展開となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比35円安の19205円。円相場は1ドル107円90銭台で推移している。

なお、グローベックスの米株先物ではNYダウ先物が700ドルを超す急伸となっている。バイオ製薬のギリアド・サイエンシズの治療薬と有望視されている製品を新型コロナウイルスの感染者に投与したところ、熱や呼吸器系の症状が急速に改善したと海外メディアが報じており、これが材料視される格好となっている。

そのため、日経平均はこの流れに反応する展開が想定れるため、先物主導でのギャップスタートになりそうだ。ただし、足元では19500円処が心理的な上値抵抗として意識されているほか、週末要因からオーバーウィークのポジションは取りづらいところ。直近戻り高値水準では利益確定の売りも意識されやすく、次第にこう着感が強まる可能性がある。

一方で、19500円処を明確に突破し、同水準を支持線として意識させてくるようだと、ショートカバーを誘う流れにもなりやすいだろう。指数インパクトの大きい値がさ株等の上昇のほか、足元で強い値動きが継続している直近IPO銘柄への物色も一段と強まる可能性がありそうだ。一方で、新型コロナに関連する銘柄の一角には、利益確定を意識した流れも出てくることが考えられる。楽観視はできないだろうが、一先ずショートカバーが優勢になる展開を期待したいところであろう。


■西鉄、20/3下方修正 営業利益160億円←170億円

西鉄<9031>は2020年3月期業績予想の修正を発表。売上高は従来の3888億円から3829億円、営業利益は170億円から160億円に下方修正した。新型コロナウイルス感染症の流行拡大に伴う出控えや、国内外の移動制限、自粛要請等により、バス事業および鉄道事業での旅客人員の減少、ホテル事業での稼働の低下や旅行事業での旅行客の減少等による影響。


■前場の注目材料
・NYダウは上昇(23537.68、+33.33)
・ナスダック総合指数は上昇(8532.36、+139.19)
・1ドル108円00-10銭
・SOX指数は上昇(1690.87、+42.96)
・VIX指数は下落(40.10、-0.74)
・米長期金利は低下
・日銀のETF購入
・日米欧の大型財政出動
・株安局面での自社株買い
・来期の業績回復期待


・ルネサス<6723>人工呼吸器の参照設計作成、異業種参入支援
・クボタ<6326>クボタ・ヤンマー、欧再開、対応進む
・住友化学<4005>医療ガウン用フィルム提供、30万着分
・日産自<7201>「全樹脂電池」の要素技術、APBにライセンス供与
・日立<6501>マレーシア社買収、データ分析アプリ強化
・ダイキン<6367>屋内データ解析の米企業に出資、2億1600万円


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・月例経済報告

<海外>
・11:00 中・1-3月期GDP(前年比予想:-6.0%、10-12月期:+6.0%)
・11:00 中・3月鉱工業生産(前年比予想:-6.2%)
・11:00 中・3月小売売上高(前年比予想:-10.0%)




<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »