株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は3日ぶり大幅反発、ファーストリテとソフトバンクGで約174円押し上げ  4月17日17時51分

17日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり190銘柄、値下がり34銘柄、変わらず1銘柄となった。

日経平均は3日ぶり大幅反発。16日の米国市場でNYダウは小幅に反発し、33ドル高となった。各種経済指標の悪化を受けて景気の先行き懸念が上値を抑えたものの、トランプ政権が経済活動再開の指針を発表したことでNYダウ先物は時間外取引で急伸。本日の日経平均もこうした流れを引き継ぎ285円高からスタートすると、上げ幅を大きく広げる展開となった。週末を前に利益確定の売りが出て伸び悩む場面もあったが、引けにかけて一時19922.07円(前日比631.87円高)まで上昇した。

大引けの日経平均は前日比607.06円高の19897.26円となった。終値としては3月6日以来の高値水準となる。東証1部の売買高は14億0905万株、売買代金は2兆6104億円だった。業種別では、海運業、輸送用機器、非鉄金属が上昇率上位だった。一方、陸運業、水産・農林業、パルプ・紙が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の49%、対して値下がり銘柄は48%となった。

値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>で1銘柄で日経平均を約108円押し上げた。同2位はソフトバンクG<9984>となり、東エレク<8035>、信越化学<4063>、アドバンテス<6857>、ファナック<6954>などがつづいた。台湾TSMCの好決算を受けて半導体関連が買われた。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップは証券各社によるレーティング引き上げの動きがみられたカシオ計<6952>で8.49%高、同2位はオリンパス<7733>で8.39%高だった。

値下がり寄与トップは中外製薬<4519>となった。同2位は富士フイルム<4901>となり、ヤマトHD<9064>、NTT<9432>、ニチレイ<2871>などがつづいた。


*15:00現在

日経平均株価  19897.26(+607.06)

値上がり銘柄数 190(寄与度+623.51)
値下がり銘柄数  34(寄与度-16.45)
変わらず銘柄数  1

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    50880         3000 +108.07
<9984> ソフトバンクG     4735          305 +65.92
<8035> 東エレク        23440          870 +31.34
<4063> 信越化         11900          665 +23.96
<6857> アドバンテ       5000          305 +21.97
<6954> ファナック       14950          585 +21.07
<7733> オリンパス       1744          135 +19.45
<6098> リクルートHD     2918.5         154.5 +16.70
<8028> ファミマ         1850          109 +15.71
<7267> ホンダ         2469.5         189.5 +13.65
<6762> TDK            8950          370 +13.33
<4911> 資生堂          6863          305 +10.99
<6758> ソニー          6969          269  +9.69
<4503> アステラス薬     1775.5           51  +9.19
<4523> エーザイ         8062          245  +8.83
<6367> ダイキン        13655          230  +8.29
<7269> スズキ          3160         228.5  +8.23
<4568> 第一三共         7670          195  +7.02
<2413> エムスリー       4050           75  +6.48
<6506> 安川電          3290          175  +6.30

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<4519> 中外薬         13795         -145  -5.22
<4901> 富士フイルム      5336         -109  -3.93
<9064> ヤマトHD         1902          -30  -1.08
<9432> NTT            2568          -55  -0.79
<2871> ニチレイ         2797          -41  -0.74
<9020> JR東日本         8156         -184  -0.66
<9008> 京王           6180          -90  -0.65
<2269> 明治HD          7710          -60  -0.43
<4506> 大日住薬         1481          -11  -0.40
<2002> 日清粉G         1653          -10  -0.36
<9021> JR西日本         6725          -92  -0.33
<8766> 東京海上         5035          -16  -0.29
<4061> デンカ          2536          -36  -0.26
<1928> 積水ハウス      1779.5           -6  -0.22
<9437> NTTドコモ        3262          -45  -0.16
<6178> 日本郵政        824.5         -3.7  -0.13
<1333> マルハニチロ      2252          -25  -0.09
<2914> JT           1980.5         -2.5  -0.09
<6701> NEC          4255          -20  -0.07
<8795> T&DHD         876           -9  -0.06



<AK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »