株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は6営業日続伸、引き続き直近IPOを中心に強さを見せる  4月20日16時20分

 本日のマザーズ指数は大幅に6営業日続伸となった。米国市場の大幅な上昇については既に織り込まれていた中、主力市場では売りが先行。その反面、新興市場には前週の流れが継続し資金が流入する格好に。マザーズ指数も上昇して始まると、直近IPO銘柄を中心に物色され、その後も指数は堅調に推移、後場半ばには765.34ptまで上げ幅を広げる展開。その後、大引けにかけては若干利食いが出たものの、終日強い値動きとなった。なお、マザーズ指数は大幅に6営業日続伸、売買代金は概算で1569.20億円。騰落数は、値上がり242銘柄、値下がり71銘柄、変わらず10銘柄となった。
 個別では、調剤薬局向けオンライン服薬指導支援システム事業を9月から開始すると発表したメドレー<4480>がマザーズ売買代金トップにランクイン。ビザスク<4490>、サイバーセキュリティクラウド<4493>、MacbeeP<7095>、関通<9326>など直近IPO銘柄にも引き続き資金が向かった。AI・高性能チャットボット「スグレス」の全国自治体への無償提供について、福岡県宮若市と兵庫県赤穂市等の導入を発表したALBERT<3906>、企業のデマ情報対策支援として、ソーシャルリスニングサービスを初月費用無料で提供開始すると発表したアディッシュ<7093>などもそれぞれ大幅高。会社発表を受けて、オンラインセミナーの需要拡大期待が改めて高まったJストリーム<4308>も一時1885円まで急伸。その他、アンジェス<4563>、メルカリ<4385>、TKP<3479>、PKSHA<3993>などが買われた。一方、NexTone<7094>、サンバイオ<4592>、メドレックス<4586>、Amazia<4424>、Aiming<3911>などが売られた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »