株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=ラサ工、半導体関連で再評価余地  4月20日10時01分

 ラサ工業<4022.T>に注目したい。同社は半導体に使われる高純度リン酸の国内トップ企業。コロナ禍でも半導体への需要増は続くとの見方から、足もとでは半導体関連株への再評価機運が膨らんでいる。特に、同社の高純度リン酸は、3次元NANDフラッシュメモリー向けなどへの伸びが見込まれている。20年3月期連結営業利益は前期比3割減の17億円の見込みだが、21年3月期は22億円前後へ急回復しそうだ。

 足もとの株価は1200円前後と昨年12月高値から3割近く下落しているが、今期予想PERは9倍前後、連結PBRは0.6倍台と割安感は顕著だ。今期以降の業績回復を評価し、株価は反騰基調を強めそうだ。(地和)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
リテールPAがS高、4月24日付で東証1部に指定
ALBERTは7%超の上昇で5連騰と気を吐く、AI関連株人気を先導◇
メドレーが3連騰、オンライン服薬指導支援システムを9月に開始へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »