株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

後場の日経平均は395円安でスタート、ソフトバンクGやファーストリテなどが軟調  4月21日13時10分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;19273.42;-395.70TOPIX;1414.99;-17.42

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比395.70円安の19273.42円と前引けから下げ幅を拡大して取引を開始した。ランチタイム中の225先物は安いところでは19180円までさげる場面があったが、概ね19240円−19300円のレンジで推移。アジア市場も総じて軟調。中国・上海総合指数は1%安、香港ハンセン指数は2%を超える下げとなっている。為替は1ドル=107円50銭台とランチタイム中にやや円高方向に傾いてきている。こうした流れから、後場の日経平均は下げ幅を400円近くまで拡大して取引を開始した。その後は、日銀のETF(上場投資信託)買いの期待もあり、19300円どころでこう着感を強めている。

 業種別では、保険業や鉄鋼、サービス業、金属製品、繊維製品、不動産業など全業種がマイナスで推移。東証1部の売買代金上位では、新型コロナウイルスワクチンの量産体制を構築すると報じられたタカラバイオ<4974>が急騰しているほかでは、巣ごもり消費関連として物色され、ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の増産検討を始めたと報じられた任天堂<7974>が小幅にプラスとなっている。他方、ソフトバンクG<9984>
やファーストリテ<9983>といった日経平均構成銘柄のほか、東エレク<8035>やSUMCO<3436>といった半導体関連が大きく下げている。また、リクルートHD<6098>の下げもきつい。


<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »