株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=続落、米株安や原油市況暴落でリスクオフ  4月21日11時52分

 21日前引けの日経平均株価は前営業日比310円35銭安の1万9358円77銭と続落。前場の東証1部の売買高概算は5億6573万株、売買代金概算は9318億円。値上がり銘柄数は424、対して値下がり銘柄数は1687、変わらずは55銘柄だった。

 前日の米株大幅安を受けリスク回避の売りが優勢となった。新型コロナウイルスの感染拡大に対する懸念が拭えないなか、原油市況の急落で世界経済の先行きに対する警戒感が強まった。朝方日経平均は300円超の下げをみせた後はいったん戻り足に転じる場面もあったが、買いは続かず後半に軟化した。前引け間際に手仕舞い売りが出て下げ幅は再び300円を超えた。前場の売買代金は1兆円に届かなかった。東証1部全体の78%の銘柄が下落している。

 個別ではソフトバンクグループ<9984.T>が冴えず、ファーストリテイリング<9983.T>は大幅安。東京エレクトロン<8035.T>なども売られた。富士フイルムホールディングス<4901.T>、リクルートホールディングス<6098.T>なども軟調。半面、任天堂<7974.T>がしっかり、武田薬品工業<4502.T>も買い優勢。タカラバイオ<4974.T>は大幅高に買われた。ウシオ電機<6925.T>が急伸、キャリアリンク<6070.T>も値を飛ばした。日本エアーテック<6291.T>も高い。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
キャリアリンク大幅高、マイナンバー関連に物色の矛先
任天堂は続落、スイッチ増産報道も株価は織り込み済みとの見方
東京株式(寄り付き)=売り優勢、原油価格暴落受け買い手控え


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »