株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

Jエスコムが急伸、第3四半期まで通販事業好調で20年3月期営業利益は計画上振れ  4月21日09時19分

 ジェイ・エスコムホールディングス<3779.T>が急伸している。20日の取引終了後、集計中の20年3月期連結業績について、売上高を13億3200万円から12億6700万円(前期比5.0%減)へ下方修正した一方、営業利益を3800万円から5100万円(同17.7%減)へ上方修正したことが好感されている。

 消費税増税の駆け込み需要の反動が化粧品や健康食品などで影響が大きかったことに加えて、新型コロナウイルス感染症の影響により理美容事業の売り上げが予想を下回り、売上高は減少したが、第3四半期までの通信販売事業の好調で営業利益は計画を上振れたという。なお最終利益は、減損損失3400万円を特別損失として計上したことなどで2200万円から900万円(同81.3%減)へ下振れたとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ベルトラが3日続伸、東証が信用規制解除
国際石開帝石など石油関連株が安い、WTI価格のマイナス圏転落を嫌気◇
レントラクスがカイ気配、3月売上高は2割増で9カ月ぶり前年比プラス


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »