株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 任天堂、ヴィスコ・テクノロジーズ、医学生物学研究所など  4月22日07時32分

銘柄名<コード>21日終値⇒前日比
オルトプラス<3672> 417 -33
高水準の信用買い残重しで戻り売り。

LIFULL<2120> 322 -20
今9月期業績予想を大幅に下方修正。

ビジョン<9416> 744 -80
電話代行サービス提供を開始で20日に上昇。

任天堂<7974> 46030 +100
「スイッチ」増産検討などと伝わる。

ヴィスコ・テクノロジーズ<6698> 1038+150
想定以上の収益予想上方修正がインパクトに。

セキド<9878> 370 +80
上値の節の300円水準を突破で短期資金追随。

TBグループ<6775> 205 +50
低位の材料株に資金シフトの流れも。

省電舎ホールディングス<1711> 249 +42
特に材料見当たらないが値頃感などから短期資金追随。

ビート・ホールディングス・リミテッド<9399> 110 +8
先週末からのリバウンドの流れが継続。

いい生活<3796> 426 +27
業績上方修正や3月の堅調推移を好感。

富士ソフトサービスビューロ<6188> 364 -40
コールセンター業務受注で20日は大幅上昇。

ウイルテック<7087> 802 -119
直近IPO銘柄が総じて急落の流れで。

JMACS<5817> 447 -52
好業績受けて直近急伸の反動で。

鉄人化計画<2404> 275 -65
買い戻しにも一巡感強まり利食い優勢。

nmsホールディングス<2162> 254 -7
50万株(1.50億円)を上限に自社株買いを実施する
(期間は4月21日から6月23日まで)。

ベクター<2656> 261 -15
20年3月期の営業利益を従来予想の0.21億円から0.36億円に上方修正。

ジェクシード<3719> 123 +1
ソフトフロントホールディングスとの販売代理店契約を拡大へ。

医学生物学研究所<4557> 3830 +80
新型コロナウイルスに対する抗体(IgG、IgM)測定試薬取り扱い開始。

ジェイ・エスコムホールディングス<3779> 94 +2
20年3月期の営業利益予想を上方修正、従来の0.38億円から0.51億円に引き上げ。

レントラックス<6045> 347 +49
3月の月次売上高は前年同月比23.6%増の11.11億円と好調。

シライ電子<6658> 240 +50
「任天堂、「スイッチ」増産検討」との一部報道で思惑。

BUYSELL<7685> 1924 +20
ホームネット及びオットージャパンと業務提携で合意。

BBSec<4398> 1206 -5
キヤノンMJとの協業で急騰、
セキュリティインシデントを24時間/365日体制で支援へ。

メドレックス<4586> 328 -50
東証が21日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施。







<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »