株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

タケエイ続伸、木質バイオマス発電事業者を子会社化へ◇  4月24日11時12分

 タケエイ<2151.T>が続伸している。同社は23日取引終了後に、市原グリーン電力(千葉県市原市)の子会社化と循環資源(東京都北区)の持ち分法適用会社化について、三井E&Sホールディングス<7003.T>傘下の三井E&Sエンジニアリング及び三井物産<8031.T>との間で株式譲渡契約を締結したと発表。再生可能エネルギー事業の拡充につながるとして評価されているようだ。

 市原グリーン電力は首都圏最大級の木質バイオマス発電事業者で、循環資源は市原グリーン電力に対して燃料となる木チップやRPF(固形燃料)の貯蔵・販売を行っている企業。タケエイは今回の子会社化及び持ち分法適用会社化で、安定した燃料供給体制に基づいた長期稼働実績のある大型発電所が取得できることになり、セグメント業績の向上に加え、ノウハウの蓄積や技術力の向上が見込めるという。なお、株式譲渡日は今月30日を予定している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
◎午前11時現在の値上がり値下がり銘柄数
24日香港・ハンセン指数=寄り付き23844.55(-132.77)
24日中国・上海総合指数=寄り付き2834.9387(-3.5607)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »