株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

シノプスはマド開け急伸、在庫自動発注システムの導入加速で業績急成長  4月27日09時46分

 シノプス<4428.T>がマドを開けて買われ、一時10.3%高の2095円まで買われる人気となった。小売業界のICT化が進むなか、AIを活用した在庫自動発注システムを手掛ける同社は、その担い手として注目を集めている。牛乳や総菜などの日配食品の自動発注も行えるなど省人化ニーズを捉えていることで、同社が展開する「sinops」は大手スーパーなど中心に導入が加速、業績も19年12月期営業利益が3割増を達成し、20年12月期も2ケタ伸長を見込むなど大幅増収増益基調にある。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ケルが急反発、車載機器市場の受注高水準で20年3月期業績は計画上振れで着地
27日韓国・KOSPI=寄り付き1897.06(+8.05)
北越メが急反発、20年3月期業績は計画上振れで着地


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »