株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

メタウォータが急反発、21年3月期は8期ぶり経常最高益と増配見通し  4月28日09時21分

 メタウォーター<9551.T>が急反発している。27日取引終了後に発表した20年3月期の連結経常利益は81億3200万円(前の期比6.7%増)で着地。続く21年3月期の同利益は90億円(前期比10.7%増)と8期ぶりに過去最高益を更新する見通しになり、これを好材料視する買いが向かった。

 今期は公民連携事業をはじめとする大型案件や長納期案件などの受注が順調に積み上がるなか、収益力の強化に向けた合理化やコスト削減などに注力し、利益率が向上する見込みだ。なお、新型コロナウイルスの感染拡大による業績への影響は織り込んでいない。併せて、今期の年間配当は前期比9円増の80円に増配する方針としたことも評価材料となったようだ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
グッドコムAが急反発、自社株買い及び賃貸保証会社ルームバンクインシュアの子会社化を好感
ルネサスはカイ気配、20年1~3月期最終黒字化を材料視し大勢2段上げへ
HMTがカイ気配スタート、アンジェスと阪大が進める新型コロナ向けDNAワクチン共同開発に参画◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »