株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄part1アズーム、テクノプロ・ホールディングス、バリューコマースなど  5月01日07時15分

銘柄名<コード>30日終値⇒前日比
商船三井<9104> 1893 +36
今期経常は赤字転落の見通し。

アズーム<3496> 2240 +400
発行済み株式数の3,42%に相当の上限5万株・8000万円の自己株買いを発表。

sMedio<3913> 930 +150
第1四半期は営業黒字に浮上、通期計画上振れ。

東京鐵鋼<5445> 1138 +80
20年3月期は計画上振れへ。

日水製薬<4550> 1249 -24
20年3月期業績予想を下方修正、一転して減益へ。

だいこう証券ビジネス<8692> 651+100
野村総研によるTOB価格にサヤ寄せの動き。

ソウルドアウト<6553> 2179 +152
第1四半期の大幅増益決算を好材料視。

テクノプロ・ホールディングス<6028> 6210 +1000
想定以上に底堅い業績推移を受けて過度な警戒感後退。

TAC<4319> 217 +34
失業者増加などによる資格取得ニーズの高まりなど思惑視か。

バリューコマース<2491> 2250 +171
第1四半期好決算発表で買い安心感強まる。

レーザーテック<6920> 7210 +940
半導体製造装置の需要増加で受注計画上方修正。

BEENOS<3328> 1005 +150
上期は前年同期の赤字から黒字転換。

みらかホールディングス<4544> 2701 +257
新型コロナウイルス抗原迅速診断キットの製造販売承認申請を引き続き材料視。

UTグループ<2146> 1541 +130
人材関連の一角には過度な先行き懸念低下も。

日本エスコン<8892> 736 +89
第1四半期の大幅増益決算を評価へ。

テイクアンドギヴ・ニーズ<4331> 692 +67
出遅れ銘柄のリバウンドの流れに乗る。

アウトソーシング<2427> 518 +42
テクノプロの好決算なども刺激か。

ダブル・スコープ<6619> 364 +30
地合い好転の中で買い戻しが優勢か。

ユニチカ<3103> 326 +27
防護服専門メーカーと連携し縫製工場との生産体制を確立と。

電通グループ<4324> 2278 +148
巣ごもりによるTV広告ニーズの強まりなど連想か。

SBIホールディングス<8473> 2031+134
28日には三井住友FGとの包括提携が伝わる。

ルネサスエレクトロニクス<6723> 580 +54
引き続き決算を受けての安心感が続く。

山崎製パン<2212> 1899 -371
第1四半期は想定外の営業減益で失望売り。

小林製薬<4967> 9940 -960
第1四半期減益決算などマイナス視へ。

ポーラ・オルビスホールディングス<4927> 1918 -171
想定以上の業績下方修正を嫌気。

SCSK<9719> 4860 -480
今期実質増益見通しも出尽くし感など先行か。

クックパッド<2193> 331 -31
目先の上値到達感から利食い売りが集まる形に。

日鉄ソリューションズ<2327> 2697 -226
上半期は2ケタ営業減益見通しに。

NECネッツエスアイ<1973> 4670 -390
決算受けて28日に上昇の反動も。





<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »