株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

JIG-SAW---neqto: によるSPRESENSEカメラボードのクラウド制御を提供、DX戦略の強化へ  5月01日12時55分

JIG-SAW<3914>は4月30日、IoTエンジンneqto: とソニー製SPRESENSEのカメラボードをクラウド制御できるエッジプラットフォームの提供と、必要なIoTデータのみをクラウドに転送するエッジ処理のAI技術の結合に向けたデジタルトランスフォーメーションの戦略強化を開始することを発表。

カメラボードがフレキシブルに利用できるIoT開発環境とともに、センシングとエッジAIを組み合わせたエッジAIテクノロジーを、各産業で利用するためのサービスを提供するという。アイデア次第で、製造業、スマートシティ、車載産業などさまざまな分野で無限に応用と展開が可能となるという。

同社は、エッジAIをビジネスで活用するアプリケーション開発者やAI開発者向けのエコシステムを構築し、さらなるIoTにおけるDXプラットフォームを強化していくとしている。




<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »