株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

注目銘柄ダイジェスト(前場):電算システム、野村不HD、科研薬など  5月07日12時00分

手間いらず<2477>:4525円(+245円)
大幅反発。先週末に発表した第3四半期決算が好感されている。累計営業利益は8.85億円で前年同期比39.5%増益、1-3月期も2割超の増益となっている。新型コロナウイルス感染拡大の影響による宿泊需要減少の影響が懸念されていた中、想定以上に底堅い業績推移と捉えられる形に。今後は新規契約獲得の鈍化や閉館などによる契約数の減少も想定されるが、固定収入のウェイトが高いことを背景に、大幅な業績悪化は避けられるとの見方にも。


科研薬<4521>:6260円(+430円)
大幅反発。西村経済財政・再生相が昨日、新型コロナウイルス治療薬の候補「イベルメクチン」を研究する北里大を視察し、実用化に向けた研究や治験を後押しする考えを示している。イベルメクチンは抗寄生虫薬であり、2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した北里大の大村教授が発見した物質をもとに開発されているもの。同社は、イベルメクチン0.5%外用剤について、国内でのライセンス契約を米アーバー社と締結している。


電算システム<3630>:3090円( - )
ストップ高買い気配。先週末に第1四半期決算を発表、営業利益は11.1億円で前年同期比42.3%の大幅増益、上半期計画11.2億円、同8.7%減にほぼ達する状況となっている。通期予想の上振れなどに対する期待感も先行する形に。SI・ソフト開発及び商品販売が、オートオークション業務システム、教育関連システム、デジタルサイネージやG Suiteなどクラウド関連サービスなどの案件を中心に大きく伸長したもよう。


シスロケ<2480>:1079円(-111円)
大幅に反落。21年3月期の営業利益予想を前期比8.4%減の3.90億円と発表している。外出自粛要請に伴う事業環境の悪化による解約の発生、営業活動の変化による新規獲得リードタイムの増加などが発生すると想定した。年間配当予想は24.00円。20年3月期の営業利益は34.9%増の4.25億円で着地した。年間配当は従来予想(22.00円)を上回る28.00円(前期実績21.00円)とした。


野村不HD<3231>:1852円(+141円)
急反発。先週末に20年3月期決算を発表、営業利益は819億円で前期比3.5%増益、市場予想を30億円弱上回る着地になっている。新型コロナウイルス感染拡大の影響でホテル事業などが影響を受けたものの、分譲マンション販売好調などがけん引した。21年3月期ガイダンスは非開示としているが、年間配当金は前期実績同様に80円としており、強い収益基盤の裏付けとして安心感にもつながっているようだ。


プロルート<8256>:130円(-3円)
朝高後マイナス転換。21年3月期の営業損益予想を1.00億円の黒字と発表している。総合衣料卸売事業でウイルス対策関連商材の拡充などを図るほか、美と健康事業で国内シェア拡大と中国市場への本格展開を目指す。また、エンターテイメント事業で高い知名度を有するアーティストのコンサートグッズの製造管理を行う。20年3月期の営業損益は4.05億円の赤字(前期実績2.37億円の赤字)だった。卸売事業の落ち込みが響いた。


ワークマン<7564>:7100円(+390円)
大幅に反発。4月の既存店売上高が前年同月比5.7%増になったと発表している。31カ月連続のプラスで、伸び率は3月(17.7%増)から鈍化した。客数は8.1%増、客単価は2.2%減。新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言を受け、一部店舗で営業時間短縮や臨時休業を実施したが、感染症予防として手袋や不織布用品などが伸びた。全店ベースの売上高は7.8%増で、客数は10.2%増、客単価は2.2%減。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »