株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

コモが3日ぶり反発、コンビニ向けPB製品寄与し20年3月期業績は計画上振れ  5月07日09時10分

 コモ<2224.T>が3日ぶりに反発している。1日の取引終了後、集計中の20年3月期連結業績について、売上高が62億2000万円から62億8900万円(前の期比8.6%増)へ、営業利益が3億円から3億9300万円(同65.8%増)へ、純利益が1億8000万円から2億6600万円(同72.7%増)へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好感されている。

 コンビニエンスストア向けPB製品のスポット導入効果に加えて、新型コロナウイルス感染症対策としての外出自粛要請などで内食関連需要が高まったことなどが要因としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
電算システムがカイ気配で水準切り上げ、1~3月期営業4割増益で上期計画ライン到達
東エレクなど半導体製造装置関連が頑強、米半導体セクターの上昇基調に追随◇
トヨタは売り優勢、円高進行に加えサプライチェーンリスクを警戒


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »