株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 三菱商事、ファンケル、串カツ田中ホールディングスなど  5月09日07時15分

銘柄名<コード>8日終値⇒前日比
プロルート丸光<8256> 137 +7
マイクロブラッドサイエンスの微量採血デバイスキット販売へ。

メタップス<6172> 684 +41
子会社のサービスが「Zoom」と連携。

藤井産業<9906> 1223 +13
20年3月期業績は計画上振れへ。

住友商事<8053> 1292.0 +98.5
今期業績非開示も配当計画前期並み(記念配当除く)の水準維持で。

三菱商事<8058> 2341.5 +113.0
今期業績非開示も配当計画は2円増の見通しで。

オーイズミ<6428> 430+80
場中に業績予想を大幅上方修正。

ファンケル<4921> 2900 +387
今期増益見通しを高評価の動きへ。

DDホールディングス<3073> 906 +124
ウイルス打撃業界で8日は強い動き目立つ。

串カツ田中ホールディングス<3547> 1520 +148
株式新聞で取り上げられている。

スシローグローバルホールディングス<3563> 1977 +246
上半期決算や4月月次発表でアク抜け感。

岩崎電気<6924> 1489 +152
第3四半期決算時に続く業績上方修正を評価。

TOKYO BASE<3415> 341 +36
小売や外食が強い流れの中で買い戻しか。

クリエイト・レストランツ・ホールディングス<3387> 655 +73
リターンリバーサルの流れから買い戻し優勢に。

蛇の目ミシン工業<6445> 419 +41
第3四半期下方修正前の水準を上回るレベルにまで上方修正。

ツクイ<2398> 465 +39
介護業界への支援期待なども波及か。

UTグループ<2146> 1600 +112
決算発表控えてあく抜け期待の動きにも。

カーブスホールディングス<7085> 552 +53
株価が売り込まれてきた銘柄にリバウンドの動き。

アルプスアルパイン<6770> 1122 +73
8日は株価出遅れ銘柄に資金シフト。

ジェイテクト<6473> 759 +64
業績悪化も織り込んで自律反発へ。

アダストリア<2685> 1592 +122
4月既存店大幅減少も悪材料出尽くし感。

インフォマート<2492> 813 +84
「インフォマート助成金・補助金申請支援サイト」開設を引き続き材料視も。

共立メンテナンス<9616> 2878 +224
コロナ影響業種銘柄が買われる展開で。

リゾートトラスト<4681> 1127 +82
8日は株価低パフォーマンス銘柄に関心向かう。

レノバ<9519> 903 -165
今期の大幅減益見通しに失望感。

大幸薬品<4574> 1728 -142
ウイルス対策関連として足元で人気化の反動安。

フューチャー<4722> 1627 -167
ワクチン開発関連として直近人気化の反動。

タカラバイオ<4974> 2469 -271
他のウイルス対策関連同様、7日にかけて上昇の利食い売り。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »