株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ナガイレーベ Research Memo(1):新型コロナウイルス感染拡大により納入遅れが発生したが下期に取り込む見込み  5月11日15時21分

■要約

1. 2020年8月期第2四半期(実績)
ナガイレーベン<7447>は国内シェア60%超を持つ医療白衣のトップメーカーであり、高い利益率と堅固な財務内容を誇っている。発表された2020年8月期第2四半期の連結業績は、売上高が前年同期比2.5%減の7,051百万円、営業利益が同3.2%減の1,739百万円、経常利益が同2.3%減の1,793百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同2.1%減の1,236百万円となった。売上高は2020年1月までは前年同期比でプラスを維持していたが、2月に入ってから新型コロナウイルス感染拡大の影響で医療現場が混乱、これに伴い医療施設等への納入遅れが発生し、結果的に上期は減収減益となった。なお、同社グループに関連した生産・販売・物流の現場においては、新型コロナウイルス感染拡大の影響は出ていない。一方で、感染症対策商品(再利用可能な防護服やマスク)の開発に着手し、2020年8月期中の上市を目指している。

2. 2020年8月期(予想)
2020年8月期の通期連結業績は、売上高が前期比3.7%増の17,400百万円、営業利益が同5.1%増の5,167百万円、経常利益が同5.0%増の5,242百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同4.6%増の3,605百万円とする期初予想を据え置いている。上期の減収は発注が消滅したものではなく、医療現場の混乱によるずれ込みであるため、これらのずれ込んだ案件等を下期に確実に取り込むことで増収を確保する計画だ。一方で損益面では、新工場新設に伴う減価償却費は引き続き増加が予想されるが、不動産取得税は消失すること、海外生産比率が上昇することなどから売上総利益率は少なくとも2019年8月期並みを維持する計画だ。この結果、増収効果により営業利益は前期比で増益を見込んでいる。

3. 中期経営計画目標
同社は2019年8月期の実績を踏まえて、それまでの計画をロールオーバーして2022年8月期に売上高18,400百万円、営業利益5,600百万円とする新しい中期経営目標を発表している。現時点でこの目標に変更はなく、海外生産の拡大や利幅の大きい高機能性商品の強化を通じ、この目標達成を図る考えだ。また同社は株主還元にも前向きである。配当性向50%以上(単体ベース)を公約しており、2020年8月期の年間配当は60円を予定していることに加え、2019年11月に40万株(1,031百万円)の自己株式取得を行った。この結果、2020年8月期の総還元性向は84.9%を見込んでおり、株主還元に対する同社の姿勢は評価に値するだろう。

■Key Points
・2020年8月期第2四半期は新型コロナウイルス感染拡大による医療現場の混乱により納入遅れが発生したが、下期に取り込む見込み
・中期経営計画の目標(2022年8月期に営業利益5,600百万円)は据え置き
・2020年8月期は年間配当60円を予定、自己株式の取得も含めて株主還元には積極的

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)




<YM>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »