株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ナガイレーベ Research Memo(6):財務内容は堅固、手元の現金及び預金は222億円、自己資本比率は90.6%  5月11日15時26分

■ナガイレーベン<7447>の業績動向

(2) 財務状況
財務状況は引き続き安定している。2020年8月期第2四半期末の資産合計は41,836百万円となり、前期末に比べ2,444百万円減少した。流動資産は32,679百万円となり同2,374百万円減少したが、主な要因は現金及び預金の減少2,937百万円、受取手形及び売掛金の増加449百万円、たな卸資産の増加741百万円などによる。一方で、固定資産は9,156百万円となり同70百万円減少したが、主な要因は減価償却費増による有形固定資産の減少88百万円による。

負債合計は3,932百万円となり前期末比626百万円減少した。主な要因は未払法人税等の減少386百万円など。純資産合計は37,903百万円となり同1,818百万円減少したが、主な要因は配当金の支払いによる利益剰余金の減少758百万円、自己株式の取得1,024百万円などによる。この結果、2020年8月期第2四半期末の自己資本比率は、前期末に比べて0.9ポイントアップして90.6%となった

(3) キャッシュ・フローの状況
2019年8月期第2四半期の営業活動によるキャッシュ・フローは149百万円の収入であったが、主な収入は税金等調整前四半期純利益の計上1,793百万円、減価償却費168百万円、売上債権の減少39百万円、仕入債務の増加42百万円などで、主な支出はたな卸資産の増加741百万円など。投資活動によるキャッシュ・フローは2,631百万円の収入であったが、主な収入は定期預金の払戻(ネット)2,700百万円など。財務活動によるキャッシュ・フローは3,025百万円の支出であったが、主に配当金の支払いによる支出1,994百万円、自己株式の取得1,031百万円であった。この結果、期間中の現金及び現金同等物は237百万円の減少となり、四半期末の現金及び現金同等物の残高は5,020百万円となった。有利子負債が皆無であることに加え、自己株式を5,920百万円(5,376,686株)保有していることから、手元のネット・キャッシュは依然として潤沢である。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)




<YM>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »