株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 NEC、ANAホールディングス、三菱商事など  5月12日07時32分

銘柄名<コード>11日終値⇒前日比
クックパッド<2193> 306 -41
第1四半期の大幅減益決算をネガティブ視。

アイロムグループ<2372> 1917 -237
短期的な過熱警戒感による利食い売り優勢。

朝日ネット<3834> 969 -123
足元での一段高受けて利食い売りが優勢にも。

ブイキューブ<3681> 1128 -76
リバランス売りの対象になってきている印象も。

ホシデン<6804> 890 -22
決算発表が見切り売りにつながる形へ。

オイシックス・ラ・大地<3182> 1593 -74
高値圏での上値の重さ意識で換金売り圧力強まる。

三谷産業<8285> 409 -21
アビガン関連として足元人気化の反動。

ウエルシアホールディングス<3141> 7500 -400
特に材料なく需給要因が中心に。

ネットワンシステムズ<7518> 3130 -125
出遅れ銘柄への資金シフトの影響も。

シャープ<6753> 1134 -47
前期業績は計画を下振れへ。

エムスリー<2413> 3695 -235
目先の買い戻し一巡感で利食い売りが優勢か。

SUMCO<3436> 1639 +90
業績底打ちの確認などを評価の動きに。

NEC<6701> 4290 +190
コンセンサス水準を上回るレベルまで業績上方修正。

ANAホールディングス<9202> 2418 +232
世界的な経済活動再開に向けた動きから買い戻し優勢か。

三菱商事<8058> 2417 +75.5
今期増配見通しをポジティブ視。

伊藤忠商事<8001> 2235 +75.5
業績見通し開示や増配方針を好感。

宮入バルブ製作所<6495> 112 +30
今期大幅増益見通しを材料視へ。

アクロディア<3823> 212 +50
MBS社と生活習慣病リスクの血液検査に関し業務提携。

日本インシュレーション<5368> 1040 +147
業績上方修正を評価する動きが継続。

TBグループ<6775> 190 +21
目立った材料ないが調整一巡感で押し目買いも。

マナック<4364> 983 -90
今期の2ケタ経常減益見通しをマイナス視。

ドラフト<5070> 1126 +46
直近IPO。場中に決算を発表、20年3月期は大幅増収増益での着地。

あんしん保証<7183> 301 +59
20年3月期通期予想の上方修正を発表、
経常利益は3.60億円から4.54億円に引き上げ。

シダー<2435> 199 +22
20年3月期通期予想の上方修正を発表、
営業利益は4.39億円から5.49億円に引き上げ。

エヌアイシ・オートテック<5742> 868+150
21年3月期の大幅な増収増益見通しを好感。

ジャルコHD<6625> 192 +14
21年3月期の営業利益予想17.3%増、自社株取得期限を8月11日まで延長。

日パレット<4690> 3790 -430
21年3月期の営業利益は前期比8.8%減の4.71億円との見通しを嫌気。

クレオ<9698> 1331 -117
今期見通しの発表受けて足元の上昇に対する利食いが優勢に。

Kudan<4425> 4240 -420
香港及び中国の海外子会社及び国内子会社設立の延期を発表。
20年3月期予想の下方修正を発表、営業利益は2.13億円から0.09億円に引き下げ。

HMT<6090> 1199 -33
上方修正を発表するもアンジェスの下げに連れ安する格好。

アンジェス<4563> 1499 -24
前週末から短期資金の利食いの動きが継続。






<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »