株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

不動テトラが後場プラス転換、44万株を上限とする自社株買いと好決算を好感  5月13日14時25分

 不動テトラ<1813.T>が後場プラスに転じている。午後2時ごろ、上限を44万株(発行済み株数の2.78%)、または5億円を上限とする自社株買いを実施すると発表しており、これが好感されている。取得期間は5月14日から7月31日までで、株主還元の一環として実施するという。

 同時に発表した20年3月期連結決算は、売上高712億円(前の期比6.1%増)、営業利益44億9700万円(同25.5%増)、純利益27億7700万円(同13.9%増)だった。期首の手持ち受注高が高水準であったことから売上高が伸長したことに加えて、工事採算性を良好な状態で維持できたことや、ブロック事業が増収に転じたことが寄与した。なお、21年3月期業績予想は、新型コロナウイルスの感染拡大による影響を現時点で合理的に算定することが困難として、未定としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ウィルGが急反落、21年3月期は52%営業減益で9円減配見通し
◎午後2時現在の値上がり値下がり銘柄数
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」4位にCiメディカ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »